万国旗のような。

  • 2018.04.19 Thursday
  • 10:39

お天気が良い日に、屋上に色とりどりの洗濯ものが

 

ヒラヒラ舞っているのは好きな光景。幸福な感じがする。

 

今日は屋上に洗濯ものを干しに行くと、満艦飾だった。

 

ふだんは、あまり洗濯ものの量が多くない、という人も、

 

黄砂も飛ばなくなったし、花粉も殆ど無いので、じゃぁ、

 

洗濯をたくさんしようか、と思うようだった。

 

この部屋から見えるマンションの屋上も、洗濯ものが

 

しあわせそうに揺れている。きっと、パリッと乾くだろう。

 

先日、洗濯ものをたくさん詰め込みすぎて、洗濯が中々

 

終わらないことがあった。父の寝具などを洗うと、今日も

 

そうなる可能性があった。母にそう言うと、じゃぁ、これは

 

私が洗濯するわ、と言ってくれた。有難いことです。

 

結果的に、それが良かったみたい。母の洗濯の方が早く終わり、

 

おかげさまで、干すところもまだ残っていた。今日のような日は

 

屋上は争奪戦になる。あとから私が干しに行くと、わずかしか

 

残っていなかった。まだ空いている箇所はあったけど、きっと、

 

今日、洗濯する人は、これからもいるだろうと遠慮した。

 

屋上に干すのは大変だから、とベランダに干すようにしている方も

 

今日は何回も洗濯しているようだった。そういう時は配慮が必要。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

陽だまりの樹。

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 17:01

きのうが大きなターニングポイントだったような気がする。

 

父が手術を受ける、ということで、本人も含めて、

 

家族みんなで緊張したように思う。

 

一番緊張したのは父なのだろうな。

 

当初の予定では朝10時とのことだったが、

 

一時間繰り上げられて、私たちは朝7時すぎに

 

電車に乗るほどだった。病室に行くと、父は

 

リラックスしてニコニコしていた。ありとあらゆる

 

可能性やリスクについて、説明を果たす義務があるらしい。

 

前日に、執刀医から、こういうことがあります、こういうことも

 

あり得ます、と半ば、脅されるような気持ちで聴いているうちに、

 

もう、安心してお任せするしかないな、と開き直ったそうだ。

 

父の中に心配とか心細さがなかったように見受けられる。

 

それが功を奏したんだな、と思う。手術はありがたいことに、

 

予定より一時間長くかかったけれど、無事成功したようだ。

 

手術室からICUに移されるときは、もう意識が戻っていた。

 

それで、今日は、ICUから病室に移動するときに、驚異の回復力で、

 

医師も看護師さんもビックリしていた。日頃から身体を鍛えていて、

 

そういう効果もあったのだな、と思う。それでも、やはり、数えきれない

 

沢山の方々が無事を祈ってくれたことと目に見えない大きな力に

 

守られたという事実はあるのだろうと思う。ほんとうにありがとうございます。

 

かけがえがない。どんなに感謝しても足りないくらいです。ありがとう。

 

おかげさまです。たくさん、たくさん、ありがとう。奇跡は起こるのですね。

 

摘出した部位を見せてもらいましたが、きれいなものでした。これを詳しく

 

調べて、その結果は約一か月後に出るのですが、それまでは、経過観察ですね。

 

父はICUから車椅子で出てきたのですが、シャンと座っていて、何とも言えない

 

良い笑顔でした。ホントは歩けるほどなんです、と看護師さんが驚きの声を

 

あげていた。手術自体もさまざまなリスクを抱えたままでしたが、何事もなく、

 

終わりました。それだけでなく、術後の経過も、おかげさまで、とても順調。

 

ほんとうにありがとうございます。おかげさまです。

 

いつもいつもありがとう。ありがとうね。愛しているよ。

一緒に生きてゆく決意。

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 16:35

これから先の人生は

 

大切な人と手を取りあって

 

生きてゆくと思うので、

 

いろいろ大変なことがあるかもしれないけど、

 

みんなで知恵を絞って乗り越えてゆけばいいんだな、と

 

安心しているところがある。

 

ひとつずつ、目標をクリアしてきて、今があることに、

 

心の底からありがとうという気持ちでいっぱいになる。

 

数か月先に達成できたら、ということも、スムーズに

 

ヒョイッと夢が叶う形でうまく行ったのは、けして

 

自分だけの力ではない。目に見えない大きな力に、

 

導かれ、守られ、支えられて今日があると思うと、

 

ほんとうに感謝しかない。ありがとうございます。

 

おかげさまです。たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

あなたに出会えたことが、待っていてくれたことが、

 

何よりの宝物だと確信しています。

 

同じ時代に生まれてくれて、世界の片隅でわたしを

 

みつけてくれて、ほんとうにありがとう。

 

何てお礼を言ったらいいか、わからないし、

 

ありがとうでは表現できないほどの気持ちだけど、

 

あなたのことを思うと、いつでも満ち足りた想いで

 

いっぱいになるのです。ありがとう。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

ずっとずっと一緒にいようね。約束だよ。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

驚異の回復力。

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 16:19

父の面会にICU集中治療室に行くと、

 

もうすぐ一般病棟に移るので、

 

此処で待っていてください、とのこと。

 

父はしばらくして、看護師さんと笑顔で出てきた。

 

凄く元気そう。ニコニコしている。

 

傷跡は痛いことは痛いけど我慢できるそうだ。

 

手術の翌日に歩けるぐらい快復していて、

 

脂汗もかいていないし、血圧が高い、ということもない。

 

非常に落ち着いています、と看護師さん。

 

女性は痛みに強い人が多いのだけど、男性は

 

一般的には、すごく痛がるみたい。

 

父は我慢強いんだな、と思った。

 

昨日まで入院していたのと同じ部屋で、

 

おなじベッドだった。

 

祖母の浴衣を着ている。

 

お小水の管が外れると、トイレにも行けるし、

 

楽なんじゃないか、と話していた。

 

母と一緒に病院に行き、また明日ね、と言って、

 

荷物を引き出しやロッカーにしまって、

 

すこし話しをして帰ってきた。

 

経過も順調そのもの、ということで、

 

いよいよ守られているんだなぁと強く感じる。

 

今日は帰りに神社に寄り、最敬礼を3度して帰ってきた。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

何てお礼を言ったらいいかわからないけど、

 

ほんとうに神さまありがとうございます。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛を惜しみなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

すずめの挨拶。

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 23:32

今日は母と病院の帰り、歩いていると、

 

すずめが舞い降りた。あ、すずめだ、と思って、

 

すずめちゃん、と声をかけると、首を傾げて、こちらを見る。

 

可愛かったな。声をかけると、すずめはわかるの?と母は不思議そう。

 

それにしても、朝7時台から、学生とかお勤めの人は、もう始動

 

しているんだな、と驚きの気持ちでいっぱいになった。この時間に

 

最寄駅まで行くとか、そういうことは滅多にないので忘れていた。

 

学生はともかく、サラリーマンやOLさんはキリッとしている。

 

私ももっともっと、がんばらないと、と痛感させられた。

 

良い刺激になった、と言える。ありがとう。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

つばめの飛ぶ光景。

  • 2018.04.16 Monday
  • 15:59

つばめが巣を作る時期になった。

 

スーッスーッと弧を描くように

 

燕尾服を着たようなつばめが空を舞う。

 

もうそんな季節なんだな、と驚く。

 

寒くなるまで、日本で巣作りをして、

 

雛を育ててから、冬に南国へ飛んでいく。

 

父に言わせると、この辺のつばめはイワツバメ、

 

というすこし大型のつばめらしい。

 

何とも優雅な飛行で、他の鳥は

 

このようには飛ばない。

 

もう雛が旺盛な食欲で口を開けて待っていて、

 

親鳥がせっせと餌を運んでいる光景なのだろう。

 

元気に巣立ちますように。

 

それにしても、花粉も少なくなって、

 

暖かくなり、良い季節になったね。

 

歩いていても目に青葉、という感じ。

 

花も色とりどりに咲いていて、

 

どんな花が咲いているかな、と見るのも

 

楽しい今日この頃だ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

満艦飾。

  • 2018.04.16 Monday
  • 11:18

この部屋から見えるマンションの屋上が

 

色とりどりの洗濯物でいっぱいになるのは

 

大好きな光景だ。

 

外国で万国旗が掲げてあるみたいな感じで、

 

とても幸福感がある。

 

私の洗濯は今日はとりわけ量が多かったので、

 

すこし時間がかかっているけれど、

 

あと9分と出ていたので、楽しみに待っている。

 

郵便やクロネコメール便で、ポストを開けると、

 

ギッシリ本や郵便が入っていた。本を注文するのは、

 

クリックするだけで出来るけど、届くまでに

 

ものすごくたくさんの人の尊いお働きがあり、

 

それにより無事に到着するのだ、と思うと

 

ありがたい気持ちでいっぱいになる。

 

陽が燦々と射して、しあわせで満ち足りた時間。

 

ほんとうにありがとう。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

夏用フィニッシングパウダー。

  • 2018.04.15 Sunday
  • 14:34

今日はショップチャンネルで

 

「夏用フィニッシングパウダー」がGGVで最安値になった。

 

これまでは大きいサイズと携帯用で3990円だったと思う。

 

今日はこれらが2セットで、5480円だった。

 

ストックはまだあるんだけど、今後、これほど安くなることは

 

あまりないんじゃないか、と思ったし、一年を通して使うので、

 

2セット注文しておいた。

 

私は敏感肌だけど、これはトレーニングしても、真夏に

 

大汗をかいても、大丈夫なので、肌に合う、ということだろう。

 

春から夏にかけては、色々なメーカーが、おススメのものを

 

売り出すように思うけれど、これが良いとわかっているので、

 

安心だな、と感じている。

 

「日焼け止め」は「サンベアーズ」という近江兄弟社のものを

 

永年、愛用していて、これも登山など、いつもと汗の量がちがう、

 

というようなエクササイズをするときも、トラブル知らずだ。

 

三ノ宮のサンドラッグという店で、最安値の時にまとめ買い

 

するようにしている。雨でも曇りでも、一年中、日焼け止めは

 

つけないということは無いような気がする。紫外線は雲の向こう

 

からも降り注いでいる、と聞いたからかな。

 

通販番組などで、「日焼け止め」をこんなに安くなることはない、と

 

紹介しているけれど、ドラッグストアで30mlで157円で買っていると、

 

どれも、ものすごく高いなぁと思う。それに肌にどれだけ良い成分が

 

入っているとしても、使って汗をかいたときに、大丈夫、という

 

保証はないのだ。

 

スキンケアの化粧品やふだん使うものが、もう決まっているのは

 

すごく楽だなぁと思う。私の経験では、これが良い、とわかったものを

 

ずっと使うスタイルなので、何か良いものはないかな、とジプシーする

 

経験をしていない。普通の人は、肌に合うもの、きれいに魅せてくれるもの、

 

落としてもコンディションが良いものを探して、旅をするみたいだから、

 

私は運が良いと言えるだろう。大切な人は、ホントに肌がきれいなんだけど、

 

おなじスキンケアをしているのが、すごくうれしいな、と思う。私が

 

プレゼントしたことがきっかけで、それを使うようになったようで、

 

それが何よりもうれしい。いつもホントにありがとうね。おかげさまです。

 

あなたがいるから、いつも満ち足りた気持ちでいられる。ホントに

 

どんなに感謝しても足りないくらいだよ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

光射す方へ。

  • 2018.04.15 Sunday
  • 10:53

まだ空はグレー一色に覆われているけれど、

 

雲の合間から光が射している。

 

何か良い事がありそう。

 

父に明日、病院に持って行く本を渡してきた。

 

父の事だから、もう準備万端、という感じなのだろう。

 

スリッパが必要になると思うけど、この部屋に

 

ひとつストックがあるので、それを帰ってきたら

 

使うことにしたみたい。

 

今から買い物に行くことになり、急きょ、予定を

 

変更してでかけることになった。

 

今なら空いているだろう、というのが母の見立て。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

ちいさな足音。

  • 2018.04.13 Friday
  • 22:23

交差点で信号を待っていると、

 

後ろから自転車が来る気配がする。

 

自転車は足音はしないはずだけど、

 

なんだかパタパタという小さい足音がする。

 

何だろう、と振り向いてわかった。

 

弟とお母さんが自転車に乗っていて、

 

お兄ちゃんが半袖短パンでパタパタ駆けている。

 

愛らしい足音だった。自転車は速いので、

 

ホントに必死で走る感じ。それでも、どこか

 

あどけなくて、忘れられない光景だ。

 

弟を守るために、お兄ちゃんはがんばる、というのは

 

あるのかもしれないな。ホントは弟がいなかったら、

 

自分は自転車に乗せてもらえていた、と思わないことも

 

ないだろう。あの小さい男の子の未来に幸あれ、と祈らずには

 

いられなかった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

さりげないプレゼント。

  • 2018.04.13 Friday
  • 22:05

先日、母がとても上等なゴアテックスの

 

ウォーキングシューズを注文してくれた。

 

何かを買うときに、いつもなら、これはいくらだから、

 

ちゃんと払ってね、と母は言うけれど、今回は言わなかった。

 

商品が入荷しました、という連絡があると、受け取りに行った

 

ようだった。どうやら、最近がんばっていますね、という

 

私へのエールのプレゼントみたいだった。

 

スニーカーを買いたいんだけど、と言うと、あれ、

 

お母さん、買ってあげたじゃないの、と答えた。

 

その上等な靴はおでかけ用で、セールでも1万3千円くらいする。

 

自分では手が届かない贅沢だ。おそらく、昨年の10月の私の

 

誕生日の頃から、何が良いかな、と探してくれていたんだと思う。

 

それで、毎日よく歩くし、自分の靴を注文するときに、子どもの

 

靴も頼んでおこう、と考えたみたい。

 

ずいぶん前にスポーツコーナーでセールで買ったナイキのスニーカーは

 

もう古くなってきて、擦り切れそうな箇所がある。雨用にしていた

 

ウォーキングシューズを普段用におろして、これは処分しよう、と決めた。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

スニーカーを買うのは、叶えたい目標のひとつだったけど、

 

眼の前のことをいっしょうけんめいやっていたら、もっといい形で

 

叶っちゃった感じです。ありがとうございます。おかげさまです。

 

どんなプレゼントなら子どもが喜ぶか、考えてくれて、大切なお金で

 

高価な靴を買ってくれた母には、ほんとうに感謝です。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

良い事日記。

  • 2018.04.13 Friday
  • 21:38

一日のうちで良い事しか起きないという人は稀だろう。

 

それでも、いろいろな出来事の中に、良かったな、とか

 

うれしかったな、笑顔になれたな、と思うことは、きっと

 

どんな日でもたくさんあるはず。

 

悪かったことは記憶に強く刻まれるので、印象に残りやすく、

 

良かったことはうたかたの夢のように消えてしまいやすい。

 

どこかで、良い事日記をつけると、愉しいですよ、という

 

文章を読んだことがある。落ち込んだとき、どうしても

 

元気出ないときに、それを見ると、よぉし、がんばろう、と

 

思えるのだそうだ。

 

今日は圧倒的にうれしいことが多かった。

 

まず最初に、楽天カードが届いた。それから、体調が良い。

 

そして、買い物に行くと、新人の方で、ありがとうございました、

 

と言う時に満面の笑顔で、飛び上がるようにして、それから、

 

90度のお辞儀をしてくれた人がいた。うれしいなぁと思った。

 

私の買い物はホントにすこしだけだったのに・・・・・・・

 

それから、駅ビルに行き、母の「実践ビジネス英語5月号」を買う。

 

HontoカードとLivカードを忘れないように、お財布の中に入れて置いて、

 

ほんとうにうれしかった。それから、甲南チケットでバスの回数券を

 

買い、20円分の金券があったので、使えてうれしかった。そして、

 

駅ビルに行き、買い物すると大好きなOさんのレジで、チャージした

 

分だけ買いものすることができた。きちんと計算したわけではないのに、

 

2人で凄いねぇ、と感激した。買い物に行く前に母から代金をきっちり、

 

預かってきたので、お金の心配がなかったのが何よりだった。

 

家に帰ると、買い物の整理をして、それから、父のところに

 

品物を持って行き、お風呂に入った。今日は気持ちいいお天気で、

 

洗濯ものがパリッと乾いてうれしかった。買い物に行く前に取り込み、

 

たたんでしまったり、父のところに届けたりしたので、やることが

 

ひとつ少なくて、帰ってきたとき、楽だった。

 

夜にゆうパックが届き、配達の方が、こちらが嬉しくなるほどの

 

素敵な笑顔だった。思わずにっこりした。本もすごくコンディションが

 

良かった。夜ごはんも夢のように美味しかった。

 

振り返ってみても、あまりのタイミングの良さに驚くばかりだ。

 

自分一人の力で、こんなにトントン拍子に物事が進むことはありえない。

 

目に見えない大きな力に守られ、導かれ、支えられていたことを

 

強く強く感じます。ほんとうにありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

スッキリさわやか系。

  • 2018.04.13 Friday
  • 21:24

歯磨き粉は各社が季節限定とか数量限定で、

 

変わった味のものを販売することがある。

 

以前、三宮のドラッグストアで面白い、と選んだけど、

 

歯磨きは、やはり磨いた後の「すっきりさわやか」という

 

感覚がないと、しっくりこないことがわかった。

 

「はちみつとジンジャー」も悪くないんだけど、

 

これじゃないんだけどな、という違和感が拭えない。

 

お昼ぐらいに、これが空になり、ミント系の歯磨き粉になった。

 

冒険してみなければ、変わった味のものをためすことは

 

できなかったわけだけど、今後は買わないと思う。

 

楽しい味の方がいい、と言う人にはおススメだけど、

 

歯磨きに何を求めるのか、という話だ。

 

磨いた後に爽快感が持続するためには、やはり

 

「スッキリさわやか系」でないとピンと来ない。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

眼に良いサプリ。

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 16:31

ブルーベリーとルティンのサプリを

 

ずっと継続して飲んできた。

 

27日に180日分のものが届くので、

 

今の分はどれくらいあるのだろう、と開けてみた。

 

そうしたら、すこし足りないことがわかった。

 

毎日欠かさず飲みたいけど、そうなると今週の土日とか

 

雨の日は飲まないというのも選択肢としてあるな。

 

足りない分をドラッグストアとかで買うと余る計算になるし、

 

今はこれ、というのが決まっているので、それが届くのを待つので

 

かまわないと思う。

 

永年愛用していたもののストックが切れたので、いろいろためしたけれど、

 

特にちがいは感じなかった。どれでも効果効能に大差はない、ということ

 

かもしれない。

 

パソコンで仕事をするので、目は酷使している、といえる。

 

それにしても、足りないとは思わなかった。ギリギリで足りるように

 

計算して注文したつもりだった。私の記憶ちがいかな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

曇り空の向こうには。

  • 2018.04.09 Monday
  • 17:18

曇り空でも雨でも、空がすこし明るいのは

 

雲の向こうで太陽が輝いているからだ。

 

ふと空を見上げると、青空が見えた。

 

雲がきれいなので、また絵を描こう。

 

とても好きな話で、地上がどんなに荒れ狂う空模様でも、

 

雲の上はいつも快晴だ、というのがある。飛行機などに

 

乗ると、それがわかるのだそうだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今日はそれほど陽射しに恵まれたわけではないのと、

 

風がすこし冷たかったから、気温の上がり方は鈍かったみたい。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

つぼみがふくらむ光景。

  • 2018.04.09 Monday
  • 16:44

「デイジー」と「ブルーデイジー」に

 

また多くのつぼみがついた。春のうれしい一コマである。

 

スケッチブックをひさしぶりに開いてみたら、昨年は

 

アマリリスの最後の花が咲いたのも遅かったようで、

 

日付は6月となっていた。今は葉っぱが顔をのぞかせていて、

 

花芽が出るのが、今から待ち遠しい。

 

4月3日にとなりまちに行った際に、歩いていたら、

 

チューリップがとても印象的だったので、

 

またその光景を描いた。水色の鉢に5本ずつ、

 

つぼみだったり、咲いていたりする黄色いチューリップ。

 

その鉢が2つあり、すこし離れて配置してある。別に

 

むずかしい絵ではない。ところが、いざ描こうと思うと、

 

遠近感とか色々、簡単ではないのだ。結局、以前にくらべると、

 

すこし大雑把な絵になってしまった。それでも記憶の隅から

 

零れ落ちる前にあたまの中に残っている映像を絵に出来たので、

 

満足している。あんまり子どもみたいな絵だからって、

 

笑わないでね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

たんぽぽの綿毛。

  • 2018.04.08 Sunday
  • 23:20

つい先日、満開になったたんぽぽだけど、

 

今日見たら、もう綿毛になっているもの、

 

それが何処か遠くへ飛んで行ったあとのものもあった。

 

たんぽぽが又、どこかで根付いて、花を咲かせるんだ、と

 

うれしくなった。

 

公園はまた植木の手入れをする人がパンジーを植えたようで、

 

花壇が色とりどりの花に彩られていた。すこし前までは

 

らっぱ水仙が見事だった。

 

歩いていると、どんな小さな公園にも、水やりをしたり、

 

植木の手入れをするような人がいる。声をかけたことは

 

ないけれど、いつもありがとうございます、というと

 

喜んでくれるだろうな。

 

最近は雨があまり降らなくて、先日の雨は2週間ぶりとのことだった。

 

そういうときに、水やりをしたり、花の季節が終わったら、土を耕して、

 

また植え替えしてくれる人に、私たちはどれだけ救われているか

 

わからないなぁと思う。ありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

楠のそびえる風景。

  • 2018.04.06 Friday
  • 17:54

父が好きな散歩道で楠がそびえているところがある。

 

樹齢何年くらい、と聞くと200年くらいではないか、と答えた。

 

ほんとうに大きくて、見上げると天まで届きそうだ。

 

よく行く神社も入るところに、大正5年、と書いた柱が

 

建ててあったので歴史を感じる。

 

父と歩いて楽しいな、と思う点は、いつもちがう道を探すところだ。

 

私はこの道を行く、と決めたら、ずっと同じ道なのだけど、

 

父は変化を好むらしくて、どの道を行くんだろう、と思うと楽しい。

 

今日は筍の柔らかい部分で若竹煮を作り、夜用の筍ごはんと一緒に

 

持って行ったら、ごちそうだな、と喜んでいた。あとは「じゃこ天」を

 

炙って夜ごはんにするそうだ。もう食べているかもしれない。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

料理が好きなので、その点では子どもの頃から得しているな、と

 

感謝しています。料理が苦に思えたことがないので、結婚しても、

 

食べることでは大切な人に苦労させない自信がある。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

新緑の季節。

  • 2018.04.06 Friday
  • 17:45

きのう、父と歩いていたら、

 

もみじの青葉がとても綺麗だった。

 

暖かい日がつづいたので、もう青々としていて、

 

それは見事だ。チューリップの花で有名な

 

いろいろな公園なども例年より2週間早く、

 

見頃を迎えているという。

 

今日は仕事が終わったら、スケッチブックに

 

チューリップの絵を描くんだ。

 

すごく下手で、子どもみたいな絵なんだけど、

 

いっぱいになったら、大切な人にあげる約束をしている。

 

いつも色鉛筆で描いて、言葉をすこし添えている。

 

宝物になるといいな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

小麦色の肌。

  • 2018.04.05 Thursday
  • 23:57

ずっとお天気がよかったので、

 

すこし日焼けしたようで、紫外線対策はしているが、

 

小麦色になってきた。

 

大切な人がやはり、歩いているだけで

 

日に焼けるタイプなので、うれしい気持ちがする。

 

そういえば、肌の丈夫な人はたくさん汗をかいて、

 

その後、すぐにお風呂に入れなくてもなんともないらしい。

 

私は肌が弱いので、汗が悪さするらしく、すこし敏感になる。

 

それにしても、今日は曇りがちということだったけど

 

晴れて気持ちのいいお天気になった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

ちょうどいい塩梅。

  • 2018.04.05 Thursday
  • 23:31

最近は気温が高すぎる日がつづいたけど、

 

今日はすこし落ち着いて、過ごしやすい感じだった。

 

暑くもなく、寒くもない。ちょうどいい塩梅だ。

 

それでも陽が射しているし、ベランダに出ても、

 

肌寒い感じもしないので、七分袖のシャツにパンツで

 

でかけた。ちょうどよかった。

 

坂道を背中にリュックを背負って歩くので、

 

とてもいい汗をかく。二度も歩いたから、

 

今日は猫に逢えた。ひさしぶりにあれは

 

「マロン」だったかもしれない。なつかしそうに、

 

耳をピクピク動かしていた。聴いているサイン。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

すずめは今は雛鳥が生まれたところか、すごく

 

いそがしそうだ。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をつくづく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

あやめの咲く道。

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 19:39

昨日は色とりどりの花に導かれて歩いたようで、

 

何処を見ても百花繚乱で美しかった。

 

線路の脇には、「あやめ」が咲いていた。

 

紫色で品がある。季節がすこし急ぎ足だ。

 

知人の亡くなったワンちゃんが「あやめちゃん」という

 

名前だったなぁと思い出した。

 

両親が病院から帰ってきて、入院は16日、手術が17日と

 

決まったという。父はすこし、緊張しているかな。

 

お昼に、前回と同じラーメン屋さんに行ったらしいんだけど、

 

味が濃くて、すごくのどが渇いた、と話していた。

 

そのあたりのおすすめの店が一軒あるので、紹介しておいた。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

春風とぷう。

  • 2018.04.03 Tuesday
  • 22:17

今日は風が気持ちよかったな。

 

「春風とぷう」という絵本があったけど、

 

内容はよく覚えていない。

 

どういう話だったかしら。

 

ここのところは、でかけるときにいつも選ぶシャツがあり、

 

もうそれしかない、みたいに、それを順番に着ていた。

 

今日は気温も高め、ということで、同じ七分袖で

 

風通しが良いものにしようかな、と考えた。

 

いつもとちがう服を着ると、新鮮な気持ちになれる。

 

それは、なんだか、ご褒美みたいな感じ。

 

あたらしい服を着ると、知らない自分に逢える感覚。

 

それにしても、人により、体感温度はちがうようで、

 

皮のライダースジャケットを着ている人もいた。

 

午前中に父が歯医者に行き、それから買い物に行ったようだけど、

 

暑い、と言いながら部屋に入ってきた。4月初めとは思えない陽気。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

チューリップの告げる春。

  • 2018.04.03 Tuesday
  • 15:23

歩いていて、チューリップが咲いていると、

 

春だなぁと感じて、うれしくなる。

 

花の命は短いのかもしれないけど、

 

いつか一度でいいから、チューリップが一面に咲いているのを

 

この目で見てみたいなぁと願っている。

 

以前、一眼レフで熱心に写真を撮っていた頃、

 

横浜スタジアムの近くのチューリップがきれいな公園に

 

よく写真を撮りに行っていた。なつかしいな。

 

東京に住んでいたとき、いつも楽しみにしていたのは、

 

原宿の皇族が乗り降りする側のプラットフォームに、

 

春になると富山からチューリップが届くことだった。

 

列車が通り過ぎる一瞬しか観れないのだけど、

 

その季節になると、ワクワクしながら電車に乗ったものだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

虹の彼方へ。

  • 2018.04.02 Monday
  • 17:41

お天気雨の日だったと思う。

 

公園を出たところで、振り返る人が多いので、

 

何だろうと見ると虹が出ている。

 

ものすごく綺麗だった。

 

思わず、通りすがりの人に、

 

「きっと良い事がありますよ」と話しかけたほどだ。

 

それからも、家に帰るまで、時々、振り返りながら見ると、

 

薄れて来てはいたけど、かなり長い時間楽しめた。

 

よくどこかで虹が出ると、それがインターネットなどに

 

掲載されて見るけど、そういうのと実際に見るのはちがう。

 

あれは忘れられないなぁ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

左様でございます。

  • 2018.04.02 Monday
  • 17:09

母は東京生まれ、東京育ちの人で言葉遣いがきれいだ。

 

子どもの頃、○○さんですか、とかかってきた電話に、

 

「左様でございます」と答えていた。

 

どういう意味か、と尋ねると、そうだ、という丁寧な言い方だそうだ。

 

今日も夜ごはんを一緒に食べないか、という電話の際に、

 

自分たちのことを指して、私どもは夜ごはんは7時頃ですが、という。

 

咄嗟に出てきたことばだから、凄いな、と思う。

 

家族は相手の良いところも悪いところも知り尽くしているので、

 

どちらかというと丁寧さに欠ける応対になりがちだと思う。

 

母にも、まだまだ学ぶべきことがあります。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

ゴアテックスのウォーキングシューズ。

  • 2018.04.01 Sunday
  • 20:13

母が「アシックス」のゴアテックスの

 

「ウォーキングシューズ」を買ってくれた。

 

ほんとうはこれがいい、というナイキのスニーカーが

 

あるのだけど、今、駅ビルでは取り扱いがない。

 

これでも良いかな、と選んだものは、もうすぐ

 

ダメになりそうなのだ。

 

5月はスニーカー買えると思うので、チョクチョク

 

売り場をチェックしてみることにしよう。

 

ナイキのショップに行くと、割引はないかもしれないけど、

 

きっとあるんだろうな。すごく良いスニーカーだったもの。

 

アシックスの靴は、高価だけど、とても良いものだ。

 

母が在庫があれば欲しい、と注文しておいてくれたので、

 

運が良い事に買うことができた。母は何か私のものを買う時、

 

いつもなら、幾らだったから払いなさい、という。今回は

 

言わないので、プレゼントしてくれるのかもしれない。

 

最近思うのだけど、世の中は、いつもきれいにしていないと

 

成り立たないようになってきた。それがグローバルスタンダードで、

 

そうでないと問題外になる。それで、ちょっと出かけるときも

 

検査があるとかよほど理由のある時以外は、ちゃんとするように

 

心がけている。ファッションや髪型、アクセサリーにより、

 

驚くほど気分は変わるものだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

カモシカのような脚。

  • 2018.04.01 Sunday
  • 19:39

母がよく私が子どもの頃、

 

カモシカのようなきれいなスラッとした脚をしていた、と話す。

 

自分でじっくり見るわけではないから、あまり覚えていないけど、

 

ショートパンツなどを穿くとカッコ良かった、という。

 

今日は歩いていたら、とてもきれいな女の子に出会った。

 

夏のような装いをしている。走っていることが多かったけど、

 

こんなにきれいな子がいるんだな、と驚いた。

 

最近の子どもは背が高くて、8等身とか10等身の子も多いみたい。

 

顔も小さくて、お人形みたい。

 

それにしても、今日はお天気も良く、過ごしやすい陽気だった。

 

最高気温をチェックすると、20℃くらいだったみたい。

 

夏に比べて、湿度が低いので、カラッとしているね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

押し出す、流す、なくなるイメージ。

  • 2018.03.31 Saturday
  • 23:54

気になってしかたがないことは押し出す、

 

流す、なくなるイメージをすると良いと本に書いてあった。

 

今日は3つほど、そういうことがあったので、

 

ポン、と丸めて、川に捨てて、それが流れて行き、

 

滝になってドバーッと流れて消えた。

 

言葉にして、ジェスチャーも交えると、より効果的みたいだ。

 

悩んでいたのがウソのように楽になった。

 

イメージトレーニングは侮れない。

 

生きていると、思い通りにならないことで

 

イライラしてしまうことはないだろうか。

 

そういうとき、口から出す、でもあたまの上から出る、でも

 

川のような流れに乗る、でもイメージすると良いらしいのだ。

 

それで、ドンドン流れて行って、小さくなって消えるという感じ。

 

不安や心細さ、心配などはあたまの中で大きくなるので、

 

そうやって流してしまったり、小さくしたり、消すことは

 

意味があると本に書いてあった。

 

おためしあれ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

ホーホケキョ。

  • 2018.03.31 Saturday
  • 23:36

先日、うぐいすの鳴く声を聴いた。

 

はっきりと「ホーホケキョ」と鳴く。

 

春が来たんだなぁとうれしくなった。

 

このあたりにいるのは「藪うぐいす」で姿は見せない。

 

メジロのことをうぐいすだと誤解する人は多いらしいが、

 

うぐいすは目立たない色で、小さな小鳥だという。

 

目立つことが嫌いで、木々の中に隠れていることが多いそうだ。

 

いつも藪うぐいすがいる林は、最近、売却されたそうなので、

 

また安全な場所に移らないといけないのかなぁと思う。

 

そこに木々があることで、ずいぶん癒されてきたので、

 

マンションなどが建つとちがうのだろうな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM